亜鉛不足になるとどうなる?亜鉛の効果的な摂り方

HOME | 運営者情報 | サイトマップ
お気に入りに追加

亜鉛不足におすすめのサプリメントランキング一覧表

亜鉛不足が気になる方にお勧めのサプリメントをまとめてみました。
疲れや不調がきになったら、早めに亜鉛を補給して心身のSOSに対処してあげましょう。

おすすめ亜鉛サプリデータ一覧
  第1位 第2位 第3位 第4位 第5位 第6位
パッケージ
容量
約30日分(90粒)
約30日分(60粒)
約30日分(62粒)
約30日分(120粒)
約60日分(60粒)
約30日分(120粒)
主成分 カキエキス末、酵母(亜鉛含有)、マカエキス末、高麗人参末、サフラワー油 牡蠣エキス(ミルク牡蠣)、植物油脂、鹿角霊芝、無臭にんにく、長命草、ローヤルゼリー 牡蠣肉エキス、サフラワー油、ビール酵母 牡蠣エキス、亜鉛酵母、ウコンエキス、セサミン、クルクミン、ブルーベリー葉エキス クロム酵母、セレン酵母、グルコン酸亜鉛 亜鉛、葉酸、ビタミンB2、セレン、クロム、植物性ツイントース
原産地※
瀬戸内海(広島県)
能登半島(石川県)
江田島(広島県)
瀬戸内海(広島県)
形状
ソフトカプセル
ソフトカプセル
ソフトカプセル
ソフトカプセル
ハードカプセル
錠剤
オススメ度
★★★★★
☆★★★★
☆☆★★★
☆☆★★★
☆☆☆★★
☆☆☆★★
入手法

それではもう少し詳しく各サプリメントの特徴を見てみましょう。
とくにチェックしておきたい項目は3つ!

  • 亜鉛が天然由来成分であるか
  • 品質管理された環境で製造されているか
  • サプリメントの形状

毎日体に取り込むものだから、やっぱり安全で体に良いものを選びたいところです。
さらに、継続かが大切になってくるので、形状もきちんと確認しておきたいですね。
また贅沢をいうなれば、自分の体に合っているかを確かめるため、 初回購入割引があるものだと安心してサプリメントを始められますね。

1位 牡蠣のチカラ

容量 90粒(約30日分)
形状 ソフトカプセル
原産地 広島県瀬戸内海産
主成分 カキエキス末、酵母(亜鉛含有)、マカエキス末、高麗人参末、サフラワー油
初回割引 約58%OFF(初回限定モニターコース)
品質管理

瀬戸内海の牡蠣エキスとマカ、高麗ニンジンが配合された贅沢な商品です。
医薬品GMPに準拠した衛生的な環境で製造されていて、安全面にもこだわって作られています。

詳細はこちら

2位 ミルク牡蠣サプリメント

容量 60粒)(約30日分)
形状 ソフトカプセル
原産地 石川県能登半島産
主成分 牡蠣エキス(ミルク牡蠣)、植物油脂、鹿角霊芝、無臭にんにく、長命草、ローヤルゼリー
初回割引 約53%OFF
品質管理

味が濃厚で大きいミルク牡蠣を贅沢に使用した商品です。30時間じっくりと煮詰めどろりとした濃縮エキスにしています。スタミナに良い4つの栄養素も添加しています。

詳細はこちら

3位 海乳EX

容量 62粒(約30日分)
形状 ソフトカプセル
原産地 広島県江田島産
主成分 牡蠣肉エキス、サフラワー油、ビール酵母
初回割引 50%OFF(定期コース申し込みで)
品質管理

1日2粒で生牡蠣5個分の栄養素が詰まっている商品です。1つ1つ手作業で丁寧に加工され、医薬品レベルの指定工場で作られています。

詳細はこちら

4位 カキプラス

容量 120粒(約30日分)
形状 ソフトカプセル
原産地 広島県瀬戸内海産
主成分 牡蠣エキス、亜鉛酵母、ウコンエキス、セサミン、クルクミン、ブルーベリー葉エキス
初回割引 23%オフ
品質管理

品質の高い工場で加工された牡蠣を使用した商品で、業界初のブルーベリー葉エキスを添加してます。セサミンやウコンもプラスした商品です。

詳細はこちら

5位 DHC亜鉛

容量 120粒(約60日分)
形状 ハードカプセル
原産地 -
主成分 クロム酵母、セレン酵母、グルコン酸亜鉛
初回割引 無し
品質管理

1回1錠で良い亜鉛サプリメントで、15mg摂取することができます。クロムやセレンなど食生活で不足しやすいミネラルも一緒に摂れる商品です。

詳細はこちら

6位 ファンケル亜鉛

容量 120粒(約30日分)
形状 錠剤
原産地 -
主成分 亜鉛、葉酸、ビタミンB2、セレン、クロム、植物性ツイントース
初回割引 無し
品質管理

1回1錠で良い亜鉛サプリメントで、15mg摂取することができます。クロムやセレンなど食生活で不足しやすいミネラルも一緒に摂れる商品です。

詳細はこちら

そもそも亜鉛って?

近年とても注目されているのがご存じ『亜鉛』です。

亜鉛は体の外と中双方をサポートしている栄養素で、
子どもから大人、高齢の方まで、性別、年齢を問わず必要となる必須アミノ酸です。

その効果は多岐にわたるため、
以前は男性の元気を取り戻す栄養素として注目されていましたが、
現在は女性の美の追求ややこどもの健全な発育と成長、記憶力の老化防止やうつの予防対策としても注目されています。

そんな体に良いことをもたらしてくれる亜鉛ですが、
実は体内で生成することができません。
そのため、ヒトは食べ物を通じて摂取しなければいけない栄養素なんです。

しかし、厄介なことに、
亜鉛が豊富に含まれている食材は牡蠣や豚レバー、ビーフジャーキーなど、
日常的に食べるものではない食品が多いんです。

亜鉛が不足していると、様々な症状となって体にあらわれてきますので、
チェックしてみましょう。

亜鉛不足によって心配される症状

体内の亜鉛が不足していると、いろんな症状になって現れてきます。 あてはまるものがあったら亜鉛不足の可能性も。
日常生活・食生活を振り返りつつ、あてはまるものがないかチェックしてみましょう。

  • 体が疲れやすい
  • 髪の毛がパサつくようになった、ハリがなくなった
  • 肌トラブルが増えた(大人ニキビやハリツヤの減退)
  • アルコールに弱くなった
  • EDに悩んでいる
  • 太りやすくなった、代謝が悪くなった
  • 風邪を引きやすくなった
  • 食べ物をおいしいと感じにくくなった
  • 記憶力がかなり低下した気がする
  • 身長、体重の増えが周りと比べ緩やかすぎる(こどもの場合)

あてはまる項目はありましたか?

これらはすべて亜鉛と関係している事象です。

原因は必ずしも亜鉛不足とは限りませんが、
多くの場合、食生活と日常生活リズムの乱れ、さらに亜鉛や他の栄養分の不足など
複合的に原因となっているようです。


亜鉛は体の細胞の生成を助ける栄養素ですので、亜鉛不足の影響は幅広く
個人によってもその症状の出方が異なってきます。
また症状にっては
亜鉛を毎日摂取するように心がけても改善を感じられるまでに時間がかかることがあります。

毎日継続して必要量を摂取することが体調改善の一番の近道ですので、
焦らずしっかり亜鉛不足を補っていきましょう。

亜鉛の効果はこんなところにも!

亜鉛の効果は幅広いがゆえに、「えっそんなことにも良いんだ!」と知られていない効果が多くあるようです。
そこで亜鉛による嬉しい効果を紹介しましょう。
あなたの知っている効果以外にも思わぬ嬉しい発見があるかも?

    年齢とともに気になるとろこに

  • 疲れにくくする
  • 免疫力アップ
  • めまいの改善
  • 髪の毛のハリ、ツヤアップ
  • ダイエットサポート
  • アルコールの分解

  • みんなに嬉しい!

  • 味覚障害の改善
  • 視力改善
  • 記憶力アップ
  • 児童の体の成長を助ける
  • うつの予防

  • 男性に嬉しい

  • 性欲アップ
  • 勃起不全解消
  • 精子量アップ
  • 精子運動量アップ
  • 筋肉をつきやすくする
  • 決断力のアップ
  • 薄毛改善

  • 女性に嬉しい

  • 肌のシミ、しわ、色素沈着、ハリ改善
  • 爪をきれいにする
  • PMSの改善
  • 生理不順の改善
  • 更年期障害を和らげる
  • 胎児の成長を助ける
  • 妊活サポート

健康的な家族

従来亜鉛は男性に摂取を推奨されていた栄養素ですが、
実は女性や年配のかたからこどもまで、
健やかな生活に不可欠の栄養素なんです。

体の疲れや心身の不調を整え、
外見を若々しく保つためのサポートもしてくれる!

亜鉛が不足しているかも?と思ったら、さっそく食事やサプリメントから補給をしてみましょう。
不調の改善の他にも、若々しくみられるようになった!
なんて嬉しい効果があらわれるかも。

あなたは足りてますか?亜鉛の推奨摂取量

亜鉛が不足しているかどうかのチェック基準として 厚生労働省が公表している指数があります。 「日本人の食事摂取基準」2015年度版によると 一日あたりの亜鉛摂取推奨量はこちらです。

男性:10mg
女性: 8mg

体への吸収率を考えて計算すると、ビーフジャーキーにすると110g、豚レバーにすると145g、
卵の黄身にすると20個分となります。
どうでしょう。あなたは十分摂取できていますか?

豚レバーと黄身は毎日それだけ摂取するなんて非現実的な数字ですね。
お酒を飲む方ならビーフジャーキーなら何とか110g食べられそうですが、よく考えてみてください。
そんなに食べたら確実に塩分の取り過ぎです。
糖尿病など他の生活習慣病の心配が出てきてしまいますね。

また、亜鉛の含有量が豊富なものとして代表的な食材「牡蠣」がありますが、
牡蠣の場合は約5個で摂取推奨量を満たすことができます。
量としては1日に食べることができそうですが、
継続して毎日、というのは価格等からなかなか難しい食材ですね。
またアレルギー、や時期や調理法によっては食中毒が心配で
、 なかなか扱いが難しいですね。でこちらも日常的な摂取方法としては非現実的でしょう。


というわけで、体外から摂取しなければいけない栄養素にも関わらず継続的な目安量摂取が難しいので、
日々の亜鉛の吸収量量が、推奨摂取量を下回っている人は多くいるようです。

亜鉛サプリを上手に活用しよう!

食事で亜鉛の摂取を継続的に続けていくのはなかなか至難の業…。
そんなときは亜鉛サプリで不足を補いましょう。
亜鉛サプリメントは複数社から販売されていて、悩み別やお好みで使い分けすることができます。

老若男女必要となる栄養素なので、家族の健康維持にみんなで飲むにもお勧めです。

▲亜鉛の原材料は天然由来と化合物タイプがあります

亜鉛サプリの主成分はもちろん「亜鉛」になるわけですが、
その成分は牡蠣などから抽出した天然由来のものと、化合物で生成したタイプがあります。

人気のサプリメントの多くは天然由来のもののようで、
毎日体に入るものだから、とその安全性から天然ものが好まれているようです。

他方、化合物タイプは、DHCやファンケルなど大手化粧品メーカーが取り扱っています。
科学分野を得意とするメーカーならではですね。
大手メーカーブランドで安心感があり、他のサプリメントと併用したい人がこちらを選ぶ傾向にあるようです。

亜鉛は飲み合わせが重要!これで吸収率がなんと最大35%ほど変わります!

実は…、亜鉛は栄養素の中でも吸収率が特に低い栄養素です。
多くのサプリメントが摂取目安量を超えているのはそのためなんですね。


最大でも亜鉛の吸収率は約40%と言われていて、
食べ合わせや相性の悪い栄養素と一緒に摂るなど吸収率の悪い場合は
5%
まで落ち込んでしまいます。

同じ量を摂取しても体に成る量が変わってくるのですから、
飲み合わせには気を付けたいものです。

▲亜鉛サプリを飲むときは水で!

まずは基本中の基本、サプリメントを何で飲むか、ですが、
やはり一番良いのは水です。

お茶や牛乳、中にはコーヒーやアルコールでサプリメントを飲む人がいるようですが、
亜鉛の吸収率が著しく下がってしまいます。

普段お水代わりにお茶を飲み人も多いと思いますが、
緑茶や紅茶などに含まれる「タンニン」が亜鉛の吸収を妨げてしまいますので、
ここははやりお水で飲むようにしましょう。
また、サプリメントを飲む前後30分を目安に、
これらのお茶やコーヒー、アルコールは控えた方が良いでしょう。

▲サプリメントの成分をチェック!亜鉛と相性が良い成分

亜鉛の吸収を妨げる成分もあれば、逆に吸収を助けてくれる良きパートナーもいるのです。
なかでも注目したい成分が4つ!
マカ、動物性タンパク質、ビタミンC、クエン酸、です。


マカは精力増強に有効な成分として有名ですが、女性のホルモンバランスを整えたり、
妊活にも有効です。マカにも亜鉛が含まれているので、Wアップ効果が期待されます。

動物性タンパク質は亜鉛の吸収を助け、さらに亜鉛の吸収を抑制する食物繊維の働きを抑制してくれます。
食物繊維は亜鉛と相性の良くない成分ですが、特に便秘になりがちな女性は摂っておきたい成分ですね。
そんな時には動物性たんぱく質が問題を解決してくれます。


ビタミンCとクエン酸は亜鉛の吸収を助けてくれます。
ただ、ビタミンCは2、3時間で体外に排出されてしまうので、亜鉛と同じタイミングあるいは摂取2時間前までにとることが必要です。また、この組み合わせは添加物(安息香酸ナトリウム)を毒素 に変えてしまうことがありますので、防腐剤が配合されている場合は成分に注意してみてください。

亜鉛サプリの摂取のタイミングでより効果的に!

サプリメントには薬のように飲むタイミングが書かれていません。
どうやら処々の法的な問題から記載されないようです。

では実際はいつ摂取するのが良いのでしょうか?

一般的には食後30分がおすすめとされています。
ただ、亜鉛の場合は食事の栄養素が摂取を邪魔してしまうことがありますので、
1日1回の摂取タイプの場合は就寝1時間前あたりがおすすめです。
(ただし、夕食と就寝時間の間が短い方は就寝前が良いでしょう。)
亜鉛はタンパク質やDNAの生成を助けるミネラルですから、寝る前に補給しておいて
生成の活性化する就寝中に効率よく働いてくれます。


疲れや体の処暑の不調などから亜鉛不足を感じている場合にも
やはり就寝前が一番効果を感じやすい摂取タイミングです。

過去に亜鉛サプリを飲んだことがあるけど効果を感じられなかった…
という方は、ぜひこのサプリメントを飲むタイミングに注意してみてください。